自分の歯をできるだけ長く保つために

自分の歯をできるだけ長く保つために

代わりのない大切な歯。だからこそ、自宅でのケアと歯科医院でのケアの両方で、しっかりと守りましょう。
せっかく時間をかけてむし歯を治しても、治療後のケアを怠ってしまえば、再発してしまいます。治療→再発→治療、と繰り返すうちに治療する部分はどんどん大きくなっていき、最終的には歯を失うことになってしまうでしょう。
悪くなってからの治療ではなく、悪くならないために日ごろからの予防に取り組み、自分の歯をできるだけ長く保っていきましょう。

予防のために大切なこと

むし歯と歯周病を予防することが、予防歯科の目的です。
そして歯に付着したり歯と歯肉の間に溜まったりした、プラークやバイオフィルム(歯周病菌などの微生物やその代謝物の集合体)、歯石に、むし歯や歯周病の原因菌は住みついて増殖していきます。つまり予防歯科では、このプラークと歯石をしっかり除去することに取り組みます。

【口の中に常に存在する菌】
むし歯と歯周病の原因となるそれぞれの菌は常在菌と呼ばれ、人の口の中に常に存在しているといわれる菌です。
完全にこの菌を取り除くことは難しいので、菌が増殖しないように継続的なケアが必要になります。